ページ内に広告が含まれています。

お焼香

お葬儀やご法事に行かれた際にお焼香をされる機会があろうかと思います。ご自分のおうちの宗派のお焼香のやり方をきちんと知りたい方はそのお寺の住職さんに聞けばよろしいかと思いますが、問題は親戚や知人などのお葬儀やご法事の場合です。宗派が違う場合もありますよね。

もちろん自分と違う宗派の住職さんにきちんと聞き、そのおうちの宗派の作法でされたいのであればそうされてもよろしいと思います。ですが、なかなか聞くことができませんよね。

よくある焼香作法

私もお坊さんとして、お葬儀やご法事で皆様がお焼香される姿を見る機会がありますが、誰かが違う作法でされるとそれ以降は皆様同じ作法でお焼香されます。わかりますか?前の方のを見て皆様されるんです。

宗派によって違う焼香作法

そう。そもそも宗派によってお焼香の作法は全然違うんです。

ざっと調べても(違うかもしれませんが)
・真言宗 おしいただき、3回行う。
・日蓮宗 おしいただき、1回(または3回)行う。
・日蓮正宗 おしいただき、3回(または1回)行う。
・臨済宗 おしいただき、1回行う。※おしいただなくても良い
・浄土真宗 おしいただかず、1回行う。
・曹洞宗 2回行うが、1回目はおしいただき、2回目はおしいただかない。
・浄土宗 回数の定めは特になし。
・天台宗 回数や作法の定めは特になし。おしいただくかどうかも自由。

と、お焼香だけでもこんなに違いますし、作法が違うということはお焼香の意味も違う場合が多いのです。更に線香の供え方もそれぞれですから、全部覚えておくなんて無理な話です。

どれを覚えたら?

なので私は仏教の方ならば自分の宗派のお焼香の作法をきちんと覚えておけばいいと思います。宗派が分からない場合は、お寺さんに聞いてみましょう。例え宗派が違っても堂々と自分の宗派のお焼香の作法でされたらいいのです。

※それぞれのご住職によって見解が別れると思います。

そもそも宗教が違うという方は、お焼香されてもされなくてもいいと思います。されるのであれば、他の方を参考にされたりしながら、自分の大切にしている宗教から導かれるご自身の思いをお持ちになりながらされたらいいんじゃないでしょうか。

たまに、「気持ちがこもっていればなんでもいいじゃん」と大きな声でおっしゃる方がおられますが、ご自分の宗派の作法を学ぶことを怠る理由にはなりませんし、一つ一つに意味があり、それをたくさんの人が大切にしてきているのです。その大切に思っている方々が近くにいらっしゃるかもしれません。

自分を正当化するために他人の思いを踏みにじってはいけません。

ご自分の宗派の作法が分からない場合は謙虚にそれを受け止め、お寺さんかどなたかにお聞きするのがいいと思います。

タイトルとURLをコピーしました